ページの先頭です

町長コラム(令和3年3月)

[2021年2月24日]

ID:1705

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

自立堅持(町長コラム)

 新型コロナウイルスの感染拡大によって亡くなられている方も多くおられます。また、コロナ禍により厳しい経営を強いられている事業者の方々、苦しい生活を余儀なくされている皆様など、コロナ禍によって計り知れない影響がでています。町行政としましても、町民皆様が安心してワクチン接種が受けられ、一日も早くコロナが収束し、平時に近い生活が取り戻せますよう全力を尽くしてまいります。
 さて今回は、政府が2021年度から5年ほどかけて、小学校の一学級の上限人数を現行の40人から35人に引き下げる、35人学級方針が示された件(長野県では既に取り組んでいます)についてお伝えいたします。学校現場では、英語やプログラミングの教育など、新しい試みが取り入れられ、先生の言葉や教科書が理解できない、といったケースが増えているとの情報もあります。児童一人一人に焦点を当てて、学習する力を養い、義務教育課程を習得できるようにすることは、将来、社会の担い手を育むことにも繋がることだと専門家は言っています。今後、全国の中学校でも同様な取り組みがされるのではないでしょうか。
 個人的な見解ではありますが、少人数学級を過度に追求し過ぎると、団体生活を通じて協調心や団結心などを養う上で、支障とならないか、いささか心配であります。やはり、一学級人数は一定程度必要であると私は考えます。


(広報たてしな2021年3月号「自立堅持(町長コラム)18」より)

お問い合わせ

立科町役場(法人番号6000020203246)企画課企画情報係

電話: 0267-88-8403

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!