ページの先頭です

【10月26日/立科町内】地方が生き残るためのテレワークセミナーを開催します

[2017年9月22日]

立科町テレワークセミナーチラシ

地方が生き残るためのテレワークセミナー

立科町では、テレワーク事業を推進しており、主に首都圏に本社のある企業の一部機能の誘致と併せ、町民の雇用創出をめざし取組が進められています。

今回、事業の一環として、テレワークに関して理解し、先進的な取組を進めている事例と今後の動向について知見を深めるためにセミナーを実施する予定です。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

日時

平成29年10月26日(木曜日)午後3時から午後5時まで

終了後、会費制の懇親会を予定しています。(任意参加)

会場

立科町ふるさと交流館「芦田宿」

住所:長野県北佐久郡立科町大字芦田2602‐1

ふるさと交流館「芦田宿」へのアクセスはこちら(別ウインドウで開く)

内容

ゲストトーク

■テレワークの動向について~自治体と企業の協働で実現する地方創生~

○尾形誠治氏

ネットワンシステムズ株式会社市場開発本部ICT戦略支援部コンサルティング第2チームシニアエキスパート

■国の推進するテレワークが切り開く地方の未来

○松山和馬氏

沖電気工業株式会社第三営業本部マーケティング&サポート第一部専門部長

■働き方改革~地方都市・塩尻におけるテレワークの取組と現状~

○小澤光興氏

塩尻市役所企画政策部情報政策課長

パネルディスカッション

ゲスト3名と立科町米村町長を交えたクロストーク

申込方法

当日参加も可能ですが、あらかじめ、下の申込書をご確認いただき、お申し込みをお願いします。

【10月26日/立科町内】地方が生き残るためのテレワークセミナーを開催しますへの別ルート