ページの先頭です

各種補助制度・助成金

[2017年3月31日]

住宅新築の際に50万円~100万円補助!

立科町に移住定住される方の、新築住宅建設時に50万円~100万円の補助金があります。

 

得の立科町都市開発公社で分譲中の野方宮地ヶ丘団地もお勧めです。

詳しくはこちらをご参照ください。



 

保育料が2人目半額、3人目無料!

立科町は子育て支援も充実しています。保育料が2人目が半額、3人目は無料です。

早朝、延長保育もあり、平日は午前7時~午後7時、土曜日、日曜日は午前8時~午後4時です。

1歳以上のお子様を一時的にお預かりする一時保育もあります。

学童保育として、午後7時まで無料で児童館「こども未来館」がご利用いただけます。

 



高校3年生までのお子様と妊婦さんは医療費は500円!

医療費負担を軽減するため、高校3年生までの医療費の無料化を実施しています。

1ヶ月1医療機関等ごとに受給者負担金500円を差し引いた額が給付されます。




不妊治療の助成

医療費のうち、30万円を限度に通産5年間助成します。




そのほかの補助

チャイルドシートの購入補助

 1回につき10,000円を限度に助成します。1人のお子様につき最高2回まで利用していただけます。