ページの先頭です

立科町とは

[2017年3月31日]

立科町ってこんなところです

春の風景

立科町概要

立科町は長野県の東部、北佐久郡の西端に位置します東西9.9km、南北26.4kmと南北に長く、9つの地区に分かれています。

北部では、稲作を中心としてりんご・野菜・畜産(蓼科牛・蓼科山麓豚)などの農業が盛んで、南部の高原地帯は、蓼科山(標高2,531メートル)の北西に女神湖・白樺湖・蓼科牧場を有する一大リゾート地で四季折々の自然の恵みを満喫することができます。

立科町は、歴史と未来・環境と生活が美しく調和する町、情緒を大切にしながらも進取の気持ちで未来を拓く「人と自然が輝く町」を目指し躍進しています。



立科町の人口

世帯数:2,830世帯

人口:7,570人(男3,740人、女3,830人)(平成27年4月1日現在)



立科町の環境

北部の市街地、南部の高原地帯に大きくわかれていますが、自然に富んだ、森林の多い町です。

1月の平均気温が-2.2度、8月の平均気温が22.6度で、四季の変化に富んだ冷涼な高原の気候です。年間降水量は1,025ミリで、これは雨の少ない長野県の中でも際立って少なくなっています。

蓼科山の麓に広がる自然豊かな環境が、心の豊かさやゆとりを実感できる生活の源となっています。



立科町の産業、特産品

北部では、稲作を中心として、りんご・野菜・畜産(牛・豚)などの農業が盛んです。 南部の高原地帯は、蓼科山の北西に女神湖・蓼科牧場・白樺湖を有する一大リゾート地「白樺高原」で、四季折々の自然の恵みを満喫することができます。


【特産品】
リンゴ
蓼科信州牛



【白樺高原】

白樺高原の画像



白樺高原



立科町へのアクセス

北部エリアには上信越自動車道(東部湯の丸IC、小諸IC)か中部横断自動車道(佐久南IC)、南部エリアには中央自動車道(諏訪IC)でのアクセスが便利です。