ページの先頭です

町長コラム(令和2年8月)

[2020年7月22日]

ID:1551

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

自立堅持(町長コラム)

  このコラムが読まれる頃には、梅雨が明けて暑い夏がやってきていることでしょう。今年の夏は、猛暑となる可能性が高いと予想されています。
 私たちは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の取組みと外出自粛対策の緩和による社会経済活動との両立を実践する行動原則として、「新しい生活様式」に移行していかなければなりません。そのためには、暑い夏対策が必要になってきます。特に、熱中症予防が重要であります。ある調査データによると、熱中症対策として気をつけたいことは、次の5つだと言われています。(1)こまめに水分補給をする。(2)適宜マスクを外す。(3)換気を確保しつつ冷房をこまめに調整する。(4)日ごろから健康管理をする。(5)できるだけ暑さを避ける。以上の5項目が、熱中症予防の注意点です。
 人間は、成人の場合、水分が体重の50~70%を占めているそうですが、この水分量は加齢によって減少し、高齢者の場合は50%程度と言われています。体内の水分量が少ない高齢者にとって、こまめに水分を補給することが不可欠であります。ただし、1日に必要な水分量は、食事以外に1.5リットルほどが目安と言われていますので一度にたくさん飲んでも意味がないので、一度に飲む量はコップ一杯か湯飲み一杯ぐらいにしておきましょう。


(広報たてしな2020年8月号「自立堅持(町長コラム)12」より)

お問い合わせ

立科町役場(法人番号6000020203246)企画課企画振興係

電話: 0267-88-8403

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!