ページの先頭です

特別定額給付金の給付について

[2020年5月22日]

ID:1491

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特別定額給付金についてのお知らせ

特別定額給付金の申請書は5月下旬に郵送します。
また、オンライン申請は5月1日(金曜日)から開始します。

はじめに(お願い)

・新型コロナウィルス感染症の感染防止対策の観点から、原則窓口での申請書の配布・受付はしていません。やむを得ない場合を除き、不要不急の来庁はお控えください。

・給付金を装った詐欺にはご注意ください(町の職員が電話で口座情報を聞き出す、口座の暗証番号を聞く、ATMの操作をお願いする、などといったことは絶対にありません)。
 給付金の詐欺に注意!(外部サイト)(総務省ホームページ)(別ウインドウで開く)

特別定額給付金の概要

新型コロナの感染拡大に伴う緊急の経済対策として、政府から全国民に一律で支給される給付金です。

給付金のことで不明な点やご質問がありましたら、まずは総務省のコールセンターに問い合わせてください。

定額給付金の概要(外部サイト)(総務省ホームページ)(別ウインドウで開く)

総務省コールセンター

電話:03-5638-5855
受付可能時間:午前9時から午後6時30分(土・日・祝日を除く)

給付対象者

基準日(令和2年4月27日)に、立科町の住民基本台帳に記載されているすべての皆さんが対象です。
(基準日以前に住民票を消除されていた人で、基準日において日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記載されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて立科町の住民基本台帳に記載されることとなった人を含む。)
注記:外国人のうち、短期滞在者および不法滞在者は、住民基本台帳に記載されていないため対象外です。

申請・受給者

給付対象者が属する世帯の世帯主

支給額

1人につき10万円

給付方法

原則として、世帯主本人名義の金融機関口座への振り込み
※支給日は、特別定額給付金支給決定通知書によりご連絡します。個別のお問い合わせにはお答えできません。

その他

その他、本制度の詳細につきましては総務省のホームページをご確認ください。
総務省|特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)(外部サイト)(別ウインドウで開く)

申請方法について

原則として、次の(1)または(2)の方法で申請してください。

(1)立科町役場から郵送される申請書で申請する

立科町役場から郵送される申請書を使用して申請してください。
※5月22日に申請書を発送いたしました。

申請書に必要事項を記入し、申請者本人と振込先口座を確認できる書類を添付して、同封の返信用封筒で提出してください。
・受付開始日:5月下旬(申請書がお手元に届き次第申請できます)
・給付開始日:5月下旬

※注記:
申請書の郵送が始まる前にオンライン申請等で申請していただいた方には、原則申請書は郵送されません。
ただし、申請処理のタイムラグ等により、申請書が郵送される場合がありますが、申請は1世帯に1回限りのため、重複して申請することはできません。

(2)オンライン申請(マイナンバーカード所有者のみ)

マイナンバーカードと対応機器(カードリーダー付きスマートフォンもしくはパソコンとICカードリーダー)をお持ちの場合は、オンライン(マイナポータル)での申請も可能です。
※マイナンバーカードに署名用電子証明書が必要となります。
立科町役場住民係に申請手続きに対応した機器(パソコンとICカードリーダー)を備えてありますので、窓口にご相談ください。

具体的な申請方法は、次のホームページをご確認ください。
マイナポータルぴったりサービス(別ウインドウで開く)
・受付開始日:令和2年5月1日(金曜日)
・給付開始日:5月22日(予定)

※注記:
申請書の郵送が始まる前にオンライン申請等で申請していただいたみなさんには、原則申請書は郵送されません。
ただし、申請処理のタイムラグ等により、申請書が郵送される場合がありますが、申請は1世帯に1回限りのため、重複して申請することはできません。

〇収入が減少して生活が苦しいなど、一刻も早く給付金が必要な方(特例措置)
 給付金の申請は、原則として上記(1)または(2)の方法により申請してください。
 特例措置の申請方法

配偶者からの暴力(DV)を理由に避難されている人への支援

配偶者からの暴力を理由に避難している人で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない人は、所定の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。今お住いの市区町村に申請を行っていただきます。
手続きを行った人とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

対象となる配偶者からの暴力を理由に避難している人の要件

次の1~3のいずれかに該当する人

1 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
2 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
3 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること

※特別定額給付金担当窓口備え付けの「申出書」を提出してください。

申請場所

立科町役場 総務課

・手続きについての詳しくは「特別定額給付金に関するお知らせ」をご覧ください
・不明点や質問がございましたら、避難先の自治体に問い合わせてください

お問い合わせ先

立科町役場 総務課
電話:0267-56-2311
受付時間:午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日を除く)

お問い合わせ

立科町役場
総務課
電話: 0267-56-2311
ファクス: 0267-56-2310

組織内ジャンル

総務課財政係


特別定額給付金の給付についてへの別ルート