ページの先頭です

町長コラム(令和2年2月)

[2020年1月29日]

ID:1424

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

自立堅持(町長コラム)

  昨年12月23日に、スポーツ庁から小学5年生と中学2年生を対象に実施した2019年度全国体力テストの結果が公表されました。握力や持久力など8種目の合計点平均は、2018年度まで上昇傾向でしたが、小中学生の男女とも一転して数値が下がってしまいました。小学5年生にいたっては、2008年度の調査開始以降最低であったとの報道もあります。東京オリンピック・パラリンピックの開催が迫る中、スポーツ関係者にとって衝撃的な出来事であります。
 長い間、体力養成を中心的に担ってきた学校現場が大きく変化する中で、子どもたちを取り巻く環境は目まぐるしく動いているとも云われています。
 近年では、一年中ほとんど休みを取らず行ってきた部活動に対し、健康への悪影響や教員の長時間労働を助長するとの批判が殺到。これらを受け、スポーツ庁などは、週2日以上の休養日を設けるとともに、平日の部活動時間を2時間程度に抑えるなどのガイドラインを公表しました。
 一方、小中学生ともスマートフォンやテレビなどを見る時間が増え、一日の運動時間が減っていることが明らかになっています。
 私は、肥満の子どもが増加している現状もあり、今後、学校や地域の実情に合わせ、子どもたちが体を動かす機会が確保されることを切望するものであります。


(広報たてしな2020年2月号「自立堅持(町長コラム)7」より)

お問い合わせ

立科町役場(法人番号6000020203246)企画課企画振興係

電話: 0267-88-8403

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!