ページの先頭です

身体障害者手帳

[2017年9月30日]

ID:733

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

概要

身体障害者手帳は、身体に障がいのある方が、さまざまな福祉施策を利用するために必要な手帳です。

身体障害者福祉法によるサービス以外にも、電車、バス、飛行機等の交通機関の割引制度があります。

手帳は障がいの程度によって、1級~6級までの等級区別があります。(身体障害者福祉法施行規則別表第5号によって定義)

交付申請者

次の身体上の障がいがある方(いずれも一定以上で永続することが要件となります。)

  • 視覚障がい
  • 聴覚障がい
  • 平衡機能障がい
  • 音声機能、言語機能またはそしゃく機能の障がい
  • 肢体不自由(上肢、下肢、体幹機能、乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能の障がい)
  • 心臓機能障がい
  • 腎臓機能障がい
  • 呼吸器機能障がい
  • ぼうこうまたは直腸機能の障がい
  • 小脳機能障がい
  • ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がい
  • 肝臓機能障がい

申請に必要なもの

  • 身体障害者交付申請書
  • 指定医師による診断書・意見書
  • 写真(縦4cm×横3cm、正面脱帽)
※交付申請書および診断書・意見書は役場福祉係にあります。

手帳交付までの流れ

役場にて申請受付後、審査機関による等級の審査・決定等を行いますので手帳の交付まで1か月から2か月程度時間を要します。手帳が交付され次第、申請者等へ手帳交付のご案内を郵送いたします。案内に記載されているものをご持参のうえ、窓口へお越しください。

種別について

身体障害者手帳には上記の等級区分のほか、1種・2種の種別区分があります。

種別によって交通機関等の割引制度の対象範囲等が異なります。

1種となる等級区分
障害の種類1級2級3級4級5級6級
視覚
聴覚
平衡
音声・言語
そしゃく
上肢
下肢
体幹
内部(ぼうこう・直腸)
内部(上記以外)
2種となる等級区分
障害の種類1級2級3級4級5級6級
視覚
聴覚
平衡
音声・言語
そしゃく
上肢
下肢
体幹
内部(ぼうこう・直腸)
内部(上記以外)
上表のうち△が表記されている等級に関しては障害の種類によって異なります。

お問い合わせ

立科町役場町民課福祉係

電話: 0267-88-8405

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!