ページの先頭です

民生児童委員協議会

[2016年3月30日]

ID:457

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

100周年記念シンボルマーク

平成29年、民生委員制度は創設100周年を迎えました。

これまで100年間歩んできた実績を背景に、「これからも地域とともに」歩み続けてまいりますので、今後とも民生児童委員活動へのご理解とご支援をお願い致します。

民生児童委員とは

自らも地域住民の一員として、それぞれが担当する区域において、住民の生活上のさまざまな相談に応じ、行政をはじめ、適切な支援やサービスへの「つなぎ役」としての役割を果たすとともに、高齢者や障がい者世帯の見守りや安否確認などにも重要な役割を果たしています。

今日、社会福祉の需要が拡大・多様化する中で、民生児童委員同士が常につながりを持ち、お互いの知恵を持ち寄り、助け合い、問題の解決を図ったり、活動を進める上での知識や技術を学ぶことで民生児童委員がそれぞれの役割を認識し、組織の基盤強化と委員の資質の向上に努めています。

基本理念

民生児童委員は、常に住民の立場に立って相談に応じ、および必要な援助を行い、もって社会福祉の増進に努めます。

活動の7つのはたらき

1.社会調査

担当地域内の住民の実態や福祉ニーズを日常的に把握します。

2.相談

地域住民が抱える課題について、相手の立場にたち、親身になって相談にのります。

3.情報提供

社会福祉の制度やサービスについて、その内容や情報を住民に的確に提供します。

4.連絡通報

住民がそれぞれのニーズに応じた福祉サービスを得られるよう、関係行政機関、施設、団体等に連絡し、必要な対応を促すパイプの役割を果たします。

5.調整

住民の福祉ニーズに対応し、適切なサービスの提供が得られるように支援します。

6.生活支援

住民が求める生活支援活動を行い、また支援体制を作っていきます。

7.意見具申

活動を通じて得た問題点や改善策について取りまとめ、必要に応じて民児協を通して関係機関等に意見を提起します。

あなたの相談相手~民生委員・児童委員はいつもそばにいます

立科町民生児童委員協議会では、上記の基本理念・職務を遂行するために関係機関・団体との定例会を毎月開催し、活動で必要な情報の提供、意見交換によって、連携を図っています。また、各種研修会・学習会を開催・参加し、地域に根ざした福祉活動にも取り組んでいます。

地域福祉の担い手として、地域のみなさまのニーズや生活課題の解決のために日々活動しています。どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

立科町役場町民課福祉係

電話: 0267-88-8405

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!