ページの先頭です

国民年金保険料

[2016年3月30日]

ID:435

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国民年金の保険料

平成30年度の保険料は、月額16,340円です。

付加保険料は月額400円です。付加保険料について詳しくはこちら(日本年金機構)(別ウインドウで開く)をご確認ください。

保険料は何年納めるのか

保険料は、20歳から60歳までの40年(480月)納めることになっています。

老齢基礎年金を受給するためには、この間に最低10年(120月)以上の保険料納付が必要です。

なお、最低10年(120月)以上には、保険料を納めた期間、保険料を免除された期間、合算対象期間(年金額に反映されない期間等)も含まれます。

保険料の納付方法

納付書

日本年金機構から直接送付される納付書で、お近くの金融機関や郵便局,コンビニ等で納付してください。全国どこからでも納付できます。
納付書がないときは、小諸年金事務所に請求してください。(電話:0267-22-1080)

口座振替

口座振替で納めると手間がかからず、納め忘れを防ぐこともできます。口座振替を希望する金融機関や郵便局の窓口で手続きができます。

必要なものは

  • 年金手帳
  • 届出印(通帳に使っている印鑑)
  • 通帳(口座番号のわかるもの)

です。

振込の開始時期については日本年金機構より、はがき(口座振替開始のお知らせ)でご連絡があります。

クレジットカード

クレジットカードから継続的にお支払いいただく方法で、前納※も可能です。
ご利用には申請書の提出が必要となります。
※ 前納方法は、次の3種類です。
・2年前納(4月分~翌々年3月分)
・1年前納(4月分~翌年3月分)
・6カ月前納(4月分~9月分、10月分~翌年3月分)
前納額は現金払いの前納と同額です。ご利用するクレジットカードの利用限度額や有効期限にご注意ください。

必要なものは

  • 年金手帳
  • クレジットカード

です。

納付開始月については日本年金機構より、はがき(クレジットカード納付のお知らせ)でご連絡があります。

保険料の未納を続けるとどうなるのか

保険料の未納を続けると、次のようなことになります。

  • 将来、年金を受給できないことがある。
  • 将来、年金の受給額が少なくなることがある。
  • 万が一の場合、障害基礎年金や遺族基礎年金が受給できないことがある。

保険料に割引はあるのか

次の割引制度があります。

平成30年度において、保険料を月々納付した場合、年額は「196,080円」であり、半年額は「98,040円」です。

平成30年度の現金納付方法別割引額
納付方法納付額割引額納付期限
2年前納
(4月分~翌々年3月分)
378,580円14,420円5月1日
1年前納
(4月分~翌年3月分)
192,600円3,480円5月1日
6カ月前納
(4月~9月分)
または
(10月~3月分)
97,240円800円(4月~9月分)
5月1日
(10月~3月分)
10月31日
翌月末(割引はありません)16,340円なし納付書の納付期限または使用期限
平成30年度の口座振替方法別割引額
納付方法1回あたりの納付額割引額振替日
2年前納
(4月分~翌々年3月分)
377,350円15,650円5月1日
1年前納
(4月分~翌年3月分)
191,970円4,110円5月1日
半年前納
(4月~9月分)
または
(10月~3月分)
96,930円1,110円(4月~9月分)
5月1日
(10月~3月分)
10月31日
当月末振替(早割)16,290円50円
当月末
翌月末振替(割引はありません)16,340円なし
翌月末

※口座振替「早割制度」は、例えば、4月分の保険料を4月末(当月末)に引き落とす制度です。通常は、4月分の保険料は5月末(翌月末)に引き落としされます。
口座振替で1年前納あるいは4~9月分の半年前納を希望される方は、その年の2月末日までに、10~3月分の半年前納を希望される方は、8月末日までにお申し込みください。

お問い合わせ

立科町役場町民課住民係

電話: 0267-88-8404

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

組織内ジャンル

町民課住民係


国民年金保険料への別ルート