ページの先頭です

一里塚(笠取峠)

[2016年3月30日]

ID:339

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

一里塚

中山道は、中仙道とも書くが享保元年(1716)に東山道の中枢の道であることから、中山道と呼ぶとあり、また木曽を通るので木曽路ともいわれ、五街道の内では、東海道に次いで、江戸―京都を結ぶ主要路線であった。

一里塚は、この道一里間につくられた道標の遺跡である。当時の輸送が宿ごとに荷物をつけかえる習慣から、輸送距離を知るための路程道標でもあったとされ、その目印に松の木などが植えられた。

この笠取峠の一里塚にもアカマツが植えられ、その大木が今なお当時の街道の面影を残している。

地図

地図の画像

お問い合わせ

立科町役場教育委員会社会教育人権政策係

電話: 0267-88-8416

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

組織内ジャンル

教育委員会社会教育人権政策係