ページの先頭です

赤沼池の河太郎

[2016年3月30日]

ID:276

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

挿絵

蓼科山の西北のふもと、芦田から諏訪地方へぬける道のかたわらに、赤沼の池がありました。いまは女神湖になっている池です。

池と道との間に、大きな石があります。

むかし、この石の上に、ひとりの子どもが腰かけていて、通る人に「かぎ引きしない?」といって、指をかぎにして出すのでした。

かわいい顔をした子どもなので、旅人のたいがいは、指をからませて、石の上の子どもとかぎ引きを始めました。

ところが、この子どもの強いこと。強いばかりか、からんだ手をはなさないで、そのまま、赤沼の池へ引きこんでしまうのです。

こうして、子どもに、池へ引きこまれた者が、なんにんいたでしょう。

そのうち

「あの、子どもと見えるのは、実は赤沼の池の主、河太郎というカッパだ。」

といううわさが、ひろがりました。

このことを聞いた、諏訪に住む諏訪頼遠(すわよりとう)という力持ちのさむらいが、

「よし、おれが退治してやろう。」

と馬にまたがって、とうげをのぼりました。

すると、話に聞いたように、石の上には、かわいい子どもがいて、

「かぎ引きしない?」

といって、手を出しました。

頼遠は、(ははあ、話に聞いたとおりに出たわいな)と思い、

「いざ参ろう。」

といって、馬の上から手をのばし、河太郎の中指にかけて、ギューっとにぎりしめました。河太郎は(これは、いつもとちがうぞ)と思い、あまりの力に顔をしかめました。

そのとき、頼遠が、馬に一むちあてたので馬は「ヒヒーン」といななき、かけ出したからたまりません。河太郎は、頼遠にキューと指をにぎられたまま、石の多いとうげ道を引きずられていきました。

あまりのいたさに、もとのカッパのすがたにもどった河太郎は、引きずられながら、悲しい声で、

「もうし、命だけはおたすけください。」

と、馬上の頼遠にたのみました。

そこで、頼遠は、馬をとめていいました。

「お前は、ずい分いたずらをはたらき、人を殺したそうだが、もうけっして悪いことはしないと約束できるか。」

「はい。悪いことはけっしてしません。どうか命だけはたすけてください。」

河太郎は、ひざまずき、頭を深くさげてあやまりました。そして、

「命をたすけてくださるのなら、今夜のうちにここをたち去りましょう。」

とたのんだので、頼遠はゆるしてやることにしました。河太郎は、びっこを引きながらトボトボ池のほうへもどっていきました。

翌日頼遠が赤沼池へいって見て驚きました。

池の水が一滴もなく、かれていたのです。(どこへ行ったのだろうと)、不思議に思っていたところ、その夜のうちに和田の宿の裏の山沢に大きな池ができて、水が満々とたたえられていたということです。

一夜のうちにできた池なので、村びとたちは「夜の間の池」とよぶようになりました。

もちろん、河太郎がつくった池なのです。この池にすむようになってからは、子どもと遊ぶことはあっても、けっして人を害するようなことはなかったということです。

お問い合わせ

立科町役場教育委員会社会教育人権政策係

電話: 0267-88-8416

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

組織内ジャンル

教育委員会社会教育人権政策係