ページの先頭です

松くい虫防除対策

[2016年3月30日]

ID:251

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

町内のアカマツに大きな被害をもたらしている松くい虫被害対策として、町では国の補助制度を活用し、対象松林内(私有林含む)において被害木の伐倒駆除を行っています。山林内に限定されており、予算に限りがあるので被害木全てが伐採されないこともあります。

この事業の実施にあたり、所有者の方にご連絡なく被害木を処理しますが、皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

被害予防について

所有する山林内に立枯れや衰弱した松がある場合、被害が拡大する恐れがありますので、切り倒して適切な処理をお願いします。

予防薬剤(マツグリーン)、被害木処理用くん蒸薬剤(キルパー)、くん蒸用ビニールシート等は、佐久森林組合(電話0267-22-8501)で取り扱っていますので問い合わせてください。

被害拡大防止のため、被害木の移動は行わないでください。

衰弱したマツ処理の写真

山林以外(墓地・宅地等)の松枯損木処理について

町単独の「松くい虫防除伐採補助金」をご活用ください。

松くい虫被害木の処理を、業者に委託して行う場合の経費の2分の1を補助します。
補助金の上限は10万円です。
また、山林内の被害木であっても、道路沿いや建物の近くにある場合など、人的・第三者の財産に被害を及ぼす恐れがある場合などは補助の対象とできる場合があります。

詳しくは農林係(88-8408)へお問い合わせてください。

お問い合わせ

立科町役場農林課農林係

電話: 0267-88-8408

ファクス: 0267-56-2310

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!